メルスプラン
しみず眼科
シミズメガネ
シミズ補聴器
スミズスタッフブログ
 
 
年齢を重ねるとともに目の中の水晶体が硬くなり、調節力が低下するためです。
この症状は若い頃からはじまっていて、40歳代頃から近くが見えにくくなります。
 
遠・中・近が自然に見えるコンタクトレンズ
コンタクトレンズ中心部から周辺部に向かって、遠用〜中間用〜近用の各光学ゾーンが連続的に設計され、コンタクトレンズ度数が累進的に変化するため、遠方⇔近方の視点の移動にもスムーズに対応し、像の遅れやジャンプがなく、遠方・中間・近方ぶおいて自然な視力を得ることができます。(メーカーによって多少構造の違いがあります)
 
    「中央は手元用」
一点を凝視しやすい中央に手元用度数を配置。細かな文字や地図も楽に見えます。
「手元〜遠く用のあらゆる度数が境目なく自然に変化」
自然な見え方で、視線移動しても瞬時にピントが合います。
「幅広い中間〜遠く用」
話し相手の顔やパソコンの画面など、日常よく見る中間距離も重視。
   
中央は手元用
手元を見る時は一点を凝視しレンズ中央で見る傾向があります。
特に見づらい細かな文字や地図も、楽に見えます。
幅広い中間〜遠く用

話し相手の顔やパソコンの画面など、日常よく見る中間距離も重視。中間から遠くまで、生活全般にわたって快適な視界をもたらします。

 

Copyright (C) 2014  Rose Contact  All rights reserved.