メルスプラン
しみず眼科
シミズメガネ
シミズ補聴器
スミズスタッフブログ
 
 
夏は帰省や行楽と、屋外にいる時間が多くなります。紫外線は目には見えない為、気付かぬうちにダメージが蓄積されていきます。 お肌のUVケアは常識!でも「瞳」は大丈夫?瞳のUVケアについての特集です。 
1 いつも降り注ぐ紫外線  
時間帯別の有害紫外線量
赤外線や紫外線は目には見えませんが、太陽が出ている間はたえず私たちに降り注いでいます。
1年のうちに紫外線量が増えるのは、4〜9月。1日の内では午前11時〜午後2時がもっとも紫外線を浴びる時間帯です。
さらに紫外線は雲の影響を大きく受けるので、冬でも晴天の日中の紫外線量は夏の曇天の日よりも多いほど。つまり1年中、朝も夕方も私たちが紫外線を浴びていることに変わりはありません。
2 紫外線が与える瞳へのダメージ
紫外線は人間の肌とともに目にも影響を与えています。その多くは角膜で吸収されてますが、その波長によっては目の奥の水晶体、さらに網膜まで達します。
直射日光はもちろん路面や窓ガラス、砂、雪などに反射した光もまた目にダメージを与え、光誘発角膜炎(ゆきめ)などを引きおこすこともあります。加えてそのダメージは蓄積され眼病や目の老化を促進させる危険も指摘されています。もっとも重大な目の疾患の1つでもある白内障の一因となる、という報告もあります。視力低下の原因となる水晶体を不透明化させる病気です。
3 UVカットコンタクトレンズで紫外線対策

太陽が出ている間はたえず目に入り こんでいる紫外線。サングラスを着用していてもまぶしさは軽減されますが
紫外線がすべてカットされているわけではありません。まぶしくないので瞳孔が大きくなりかえって逆効果になる
場合があります。
目にじかに接するUVカットコンタクトレンズは、瞳に最も近い紫外線対策。 現在、サングラスの多くにはUV吸収
加 工が施されていますが、紫外線はサングラスと肌との隙間からも目に届いてしまいます。特に目の側面=耳側
から目に入った紫外線は角膜周辺で屈折し目の鼻側に集中(コロネオ現象)。 正面から目に入った紫外線よりも
強いダメージを与えます.。そこでUVカット・コンタクトレンズでも紫外線対策。瞳に一番近いところでガードしてくれる
から安心です。 
赤外線や紫外線は目には見えませんが、太陽が出ている間は たえず私たちに降り注いでいます。
1年のうちに紫外線量が増えるのは、4〜9月。1日の内では午前11時〜午後2時がもっとも紫外線を浴びる時間
帯です。
さらに紫外線は雲の影響を大きく受けるので、冬でも晴天の日中の紫外線量は夏の曇天の日よりも多いほど。
つまり1年中、朝も夕方も私たちが紫外線を浴びていることに変わりはありません。

●UVカット機能つきレンズ(紫外線吸収剤配合)ハードレンズ
メニコン
SEED
メニコンZ
SEED UV-1
日本コンタクトレンズ
その他
ニチコン EXUV
ニチコンEXUVトーリック
特殊レンズ
このほか、特殊レンズなどにUVカット機能付きのものがあります。またUVカット機能レンズには、各メーカーで商品をラインアップ中です。詳しくは、ローズコンタクトまで!
●UVカット機能つきレンズ(紫外線吸収剤配合)
J&J アキュビューシリーズ
1DAY
アキュビューモイスト
1DAY
アキュビューモイスト
乱視用
1DAY
アキュビュートゥルーアイ
2ウイーク
アキュビューアドバンス
2ウイーク
アキュビューディファイン モイスト
2ウイーク
アキュビューオアシス
トーリック
2ウイーク
アキュビューバイフォーカル
   
SEED
2week pure
1day pure
うるおいプラス
1day pure
マルチステージ
1day pure
うるおいプラス乱視用

 

Copyright (C) 2014  Rose Contact  All rights reserved.